AGA発症の原因と改善について詳しく紹介します。

AGAとは

頭を触れる男性

AGAとは成人男性を特有に起こる「男性型脱毛症」のことを示しており、英語表記(Androgenetic Alopecia)の頭文字をそのまま引用したものです。
以前よりも抜け毛が著しく増えて頭皮が目立つようになるとAGAと診断されることがあります。

この症状に悩む成人男性は日本国内でも延べ1200万人以上といわれています。
頭皮のケアや抜け毛を減らすなどの対策を怠っていると厄介なことにAGAは進行してしまいます。
進行するにはパターンがあり頭頂部・前頭部・額の生え際などから脱毛を起こしますが、人によっても症状は異なりパターンが混合することもあります。

男性にとって自信を損ねる症状であり、ED(勃起不全)と同様に大きなコンプレックスにも繋がる症状なのです。

AGAになりやすい男性とは

近年では20代~30代などの若年層でAGAの症状に悩む方が増えています。もはや高齢の男性が発症するとはいえない事態になっているのです。
そのため、対策するにはあらかじめAGAになりやすい男性の特徴を知っておくべきでしょう。
ではAGAになりやすい男性とはどのような特徴があるのでしょうか?

昔から薄毛になるかならないかは親からの遺伝的な要素が大きいとされていました。しかし、親や親族に薄毛の割合が高い方が多くても薄毛にならない方もいます。
近年の研究結果によるとAGAになりやすい男性は、遺伝的な要素を持ちながら自身の生活習慣に問題を抱えている方が薄毛になりやすいといわれています。

抜け毛を減らしたり毛髪サイクルを保つためには頭皮に対して十分な栄養分を送り出さなければなりません。そのためには栄養バランスを考慮した食事を心がけましょう。
また男性ホルモンのバランスが崩れると脱毛症状が進行しやすいといわれています。男性ホルモンを分泌するには日頃の睡眠にも気を配らなければなりません。

自身で出来るチェックとして、まず日頃から抜け毛の量をある程度把握しておく必要があります。以前よりも明らかに抜け毛が増えたり頭皮の広がりが目立つようになるのは危険信号といえます。
また若い頃よりも頭皮が脂っこくなりベタツキの気になりが多くなることも1つのサインと見るべきでしょう。

AGAになる原因

手に大量の髪

AGAになる原因には髪の毛を作り出すのに必要な男性ホルモンが深く関係しているといわれています。 特に髪の成長を妨げて毛髪サイクルを崩しているのがDHT(ジヒドロテストステロン)です。
DHTはともに男性ホルモンの一種であるテストステロンが変換された物質のことを指します。
主に髪の毛の成長を左右する遺伝子に働きかけて毛髪サイクルを伸ばしたり縮めたりする指令を行っています。

このDHTが増えることによって髪の毛母細胞の成長を妨げてしまいます。やがて毛髪サイクルが乱れて髪の毛が細い状態で抜け落ちてしまうのです。
DHTの増加を抑えるためにはテストステロンの減少を抑えることが必要といわれています。
男性が30代以降になる体力や筋力の低下が原因となりテストステロンが減少する傾向があります。

しかし、研究によると筋力トレーニングがテストステロンの減少を抑える効果があることが分かりました。したがって筋力を高めることはAGAの進行を妨げることにも繋がるのです。
30代以降の男性は体力を低下させないためにも筋力アップに努める必要があります。
また食事でタンパク質を積極的に摂ることが筋力アップに繋がります。男性ホルモンのバランスを意識した生活を心がけましょう。

AGAの改善方法

生え際を見る男性

残念ながらAGAは進行してしまう症状です。進行を防ぐためには治療や改善などが必要となります。
完治するのは難しいため、脱毛を抑制して現状ある髪の毛を維持するための改善へと努めなければなりません。

今ではメンズクリニックなどAGAを治療する専門機関も多く存在しています。
AGA治療薬のミノキシジルタブレットを服用して改善する方法もあります。
しかし、当然ながら高額な費用と治療期間は長期間に及び忍耐力など様々な障害が伴ってしまいます。
なるべく自身でAGAを改善したいと思う方は多いでしょう。そんな方にAGAを改善するための方法を詳しく紹介します。

自身の生活習慣を見直すことでAGAの症状を改善することが可能です。日頃の食事・睡眠を見直すことや定期的な運動を行うことで改善へと繋がるのです。

食事でAGAを改善

健康な食事

頭皮や髪の毛を健康的に保ちAGAを改善するためには、食事で髪に必要な栄養素を体内へと摂り入れることが大切になります。
しかし頭皮や髪の毛にとって必要な栄養素とは一体どのようなものでしょうか?
特に髪の毛に良いとされる栄養素には、タンパク質・ミネラル・ビタミンの3つが挙げられます。

タンパク質
髪の毛は主に「ケラチン」と呼ばれる20種類のアミノ酸をもとにしたタンパク質によって形成されています。
ケラチンは太く強い髪の毛を作り出し抜け毛の防止にも繋がります。
ちなみにタンパク質には大豆などの植物性タンパク質と肉などの動物性タンパク質があり、AGAやハゲを予防したり改善したりするためにはどちらのタンパク質もバランスよく摂取することが大切です。
  • タンパク質を多く含む食材(牛肉・卵・納豆)
ビタミン
他の栄養素がうまく機能するために補助する役目を持つビタミン。皮膚の代謝を促し細胞分裂のサイクルを保ち頭皮や髪の毛を健やかにしています。
中でも血行促進やホルモンバランスを調整するビタミンEは良質な髪の毛を作るのに欠かせません。
  • ビタミンを多く含む食材(かぼちゃ・レバー・アーモンド)
ミネラル
ミネラルは健康維持には欠かせない栄養素で髪の毛を健康に保つ役割も担っています。特に必須ミネラルの亜鉛は髪の毛を形成するケラチンを作り出すのに必要な物質となり健康な髪の毛を作り出すのに重要となる栄養素です。
また5αリダクターゼと呼ばれる抜け毛の原因となる酵素の活動を抑える働きも持っています。
  • ミネラルを多く含む食材(牡蠣・昆布・青魚)

質の高い睡眠でAGAを改善

眠る男性

AGAの症状に悩んでいる方の特徴として睡眠時間が少なく質が低いという傾向が多く見られます。 睡眠を疎かにすることは体にはもちろん頭皮や髪にとっても良い影響は与えません。睡眠は疲労の回復や細胞を修復する大きな役割を持っています。
AGAを改善するためには日頃から質の高い睡眠ができているかが重要なポイントとなります。

質の高い睡眠は髪の毛の成長に大きく関係する成長ホルモンを分泌するのに欠かせません。
成長ホルモンが多く分泌されるほどに太くて強い髪の毛が育つようになっています。つまり太くて抜けにくい髪の毛を育成するには質の高い睡眠が欠かせないということになります。

最も髪の毛が伸びるという夜10時~深夜2時までの時間は成長ホルモンを促す時間帯でゴールデンタイムとも呼ばれています。この時間帯に就寝することができれば成長ホルモンが分泌されて体が修復されるようになります。
夜10時~深夜2時までのゴールデンタイムに就寝して1日6時間~7時間程度の睡眠時間を確保するのがよいです。
また夜眠りに就きやすくするためにも日中は太陽の光を浴びることも大切です。
このように日頃から質の高い睡眠を意識してAGAを改善しましょう。

適度な運動でAGAを改善

ジョギングする男性

AGAに悩む男性は主に働き世代で日頃の運動が思うようにできていない方が圧倒的に多いです。長期間体を動かさないことで筋力の低下や血液の流れが悪くなり、やがて仕事などによるストレスも溜まってしまいます。
ストレスは体の血液を滞らせ頭皮や髪に良い影響を与えません。

抜け毛を減らし強い髪の毛を育てるためには頭皮の血行促進と新陳代謝の活性化が欠かせません。
運動には汗をかくことによって血行促進や体の新陳代謝を促す効果があります。またストレス解消にも繋がり精神面でもリフレッシュすることができます。
実は運動後にも睡眠と同じように成長ホルモンが分泌されています。汗をかくことによって脱毛の原因となるDHTを体外へ排出する効果があるのです。

日頃から仕事をしている方にとって運動はハードルが高いと感じることもあるでしょう。しかし体を激しく動かす必要はありません。
まずはウォーキングやジョギングなど軽い運動から取り入れてみるのをオススメします。1回につき20分~30分程度で十に汗をかくことができます。
有酸素運動によって体内に酸素を送り出すことができて血液の流れも改善することが可能です。定期的な運動を行うことでAGAの改善へと繋がります。

AGAの治療方法

頭を抱える男性

AGAの治療については、近年よくCMやネット広告などでも目にする機会が増えました。
今ではAGAを治療するための専門機関が増えるなど選択肢も増えています。
これらの専門機関ではどのようなAGA治療が行われているのか詳しく紹介します。

メンズクリニック
主にメンズクリニックでは専門医師からの診察により自身のAGA症状の確認することができます。症状に合わせた治療薬を処方されたり最新の発毛医療を受けることも可能です。主に抜け毛を防いで発毛を促進させる専門的な医療方法を用いています。
育毛サロン
育毛サロンでは治療薬の処方など医療行為が行われることが無く、洗髪や育毛剤の散布など独自の方法で行っています。頭皮の環境を整えて発毛を促進させるためのマッサージを取り入れています。主に頭皮ケアやマッサージを行っています。
皮膚科
皮膚科ではAGAの症状を確認し治療薬の処方をしてもらうことは可能ですが、頭皮のケアや発毛促進による治療方法は用いていません。あくまでも治療薬の処方が中心となります。
個人輸入の通販サイト
個人で海外から薬品を輸入している通販サイトから育毛剤などのAGA治療薬を取り寄せる方法があります。メンズクリニックなどでは高額となる治療薬を安く手に入れることが可能です。しかし使用に関しては自己責任となり注意が必要です。

治療薬の種類

AGA治療薬には様々な種類が存在していますが、その中でも特に有名なAGA治療薬を紹介します。
薬に含まれる成分によっても発毛促進・脱毛抑制などの作用に違いがありますので認識しておいてください。

ロゲインパッケージ

ロゲイン
公式治療薬であるロゲインはミノキシジルタブレットと同じ成分の(ミノキシジル)が含まれており服用すると頭皮の血管を拡張し毛根や毛乳頭を刺激して発毛を促進する働きを持っています。
もともとは高血圧の治療薬として開発されて副作用によって発毛効果が発見されました。液体タイプと泡状タイプがあります。
副作用として頭皮が一時的にかゆみやかぶれを起こすことや動悸を起こすことが報告されています。なるべく使用前にパッチテストすることを勧めます。

フィンペシアパッケージ

フィンペシア
有名なプロペシアのジェネリックになります。主成分の(フィナステリド)が含まれるフィンペシアは服用すると脱毛を抑制して太くてコシのある髪へと変える働きを持っています。
服用は1日1錠とされており、ミノキシジルとの併用により脱毛抑制と発毛促進に効果があるとされています。
副作用として勃起不全を起こすことや肝機能障害を起こすことが報告されています。
これまで発がん性物質とされていたキリンイエロー成分が入っていないタイプが近年新たに開発されました。

他の育毛剤であるザガーロプロペシアを服用することも選択肢の1つです。

AGA専門病院とは

医師たち

現在CMやネット広告でAGA治療を専門的に行っている病院の紹介が頻繁に見られるようになっています。

AGAの治療を受けられる医療機関は「AGA専門病院」「美容クリニック」「皮膚科」の3つに分けられますが、特にAGA専門病院では専門医師からの診断により治療薬の処方や最新発毛医療など豊富な治療メニューを受けることができます。
そのため患者さんが治療方法を選択できるのは大きなメリットでしょう。
診察後には脱毛症状を詳しく確認するために採血を行うことがあります。
また他の医療機関よりも治療実績が多いため適切な治療を受けられる可能性が高いのです。

美容クリニックや皮膚科では、受付けや治療の際に他人と顔を合わせることが多くプライバシーへの配慮が行き届いていないことが多いです。
その点、AGA専門病院では患者さんの心理を考慮されており診察を受けるまでの待ち時間も個室が用意されています。
誰にも会うことは無いので治療に専念することができるのです。

AGA治療は長期間に及ぶことがあり治療を進める上では初期脱毛を起こすこともあります。あまりのショックから個人では治療を断念しようかと不安になると思います。
しかし、AGA専門病院では専門医師がしっかりと症状を見極めて適切な判断を下してくれるため安心です。

病院での費用

自身の脱毛症状について詳しく確認ができるうえ適切な治療へと導いてくれるAGA専門病院ですが、気になるのが治療にかかる費用です。
まずAGA治療については保険適用外となることを認識しておく必要があります。つまり治療に関しての診察代や治療薬の費用は全額自己負担となるのです。
そのため、従来病院で風邪を診察して薬を処方してもらう感覚とは大きく異なります。また専門的なAGA治療が受けられる半面で美容クリニックや皮膚科よりも費用が高くなってしまうことも理解しておきましょう。

治療薬による費用は約1ヵ月分(28錠)で7000円~10000円程度となります。
直接頭皮へ注射を打つ発毛注射の場合、1回につき1万円~4万円程度と病院によってもやや金額に開きがあります。
植毛の場合だと1本300円~1000円程度ですが本数を増やすにつれて費用が高額になることがあります。
費用をどうしても安く抑えたいという方にはジェネリックのAGA治療薬を処方を希望することも可能です。
ジェネリックは新薬と同じ成分を用いているのでしっかり発毛効果が得られると思います。値段も1ヵ月分で3000円~5000円程度と比較的安くで手に入れることができます。
しかし通院が増えるほどに費用が重なることを十分に考慮したうえでAGA治療へ取り組みましょう。

↑TOPページへ戻る