ザガーロの効果と副作用や通販購入について詳しく紹介します

目次

ザガーロとは

ザガーロ

ザガーロは2015年に日本国内の厚生労働省より認可を得たAGA治療薬です。もともとは前立腺肥大の治療を目的に開発された成分のデュタステリドが配合されており、服用すると前頭部や頭頂部の脱毛症状の進行を遅らせ発毛を促してくれます。
近年新しく開発された新薬として今後のAGA治療への効果が期待されています。
薬の名前の由来としては、イタリア語とスペイン語を合わせた造語で「進化した究極のAGA治療薬」を意味して付けられています。

ザガーロを買う

ザガーロの効果

髪を触る男性

人の髪は生えてから抜けるという工程を繰り返しています。この工程を細かく分けると成長期・退行期・休止期に分かれており、この周期は毛髪サイクルと呼ばれています。
特にAGAの症状が進行している方は成長期が短くなり、髪が太く長く成長する前に抜け落ちてしまう傾向が見られます。そして髪が細く短い状態で抜けるようになり薄毛の症状が進行します。

AGAの初期症状として、毛髪サイクルの乱れから前頭部の生え際や頭頂部の髪の毛が細く短い状態で抜け落ちてしまいます。
そして、次第に生え際の頭皮が目立つようになり後退したり頭頂部の頭皮が目立つようになります。

ザガーロはこれまで困難といわれていた生え際の脱毛と頭頂部の脱毛をともに防ぐ効果があります。
これまでの臨床実験では、発毛の評価対象となる毛髪数が増加と育毛の評価対象となる髪の毛が太く長く育ったという方が従来のAGA治療薬よりも20%増えていたことが証明されました。

このようなことからもザガーロには、脱毛抑制と発毛効果に期待が持てることが分かります。
これまでAGA治療薬の効果に納得できなかった方も、発毛効果の高いザガーロを試すだけの価値があると思います。
また、脱毛を抑制する効果もあるため、これからAGA予防したいという方にもオススメです。

作用機序

毛髪サイクルが乱れて成長期が短くなり脱毛を引き起こすのは、男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)という物質が生成されることが原因とされています。
DHTは同じ男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼ(5α還元酵素)という酵素と結びつくことで生成されます。

ザガーロは、5α還元酵素の機能を抑える効果がありテストステロンとの結びつきを防ぎます。そしてDHTの生成を食い止めて髪の成長期を長く伸ばすようにしています。
しっかりと髪が太く長く成長することで抜け毛を防ぐのです。
これまでのAGA治療薬では頭頂部の脱毛抑制しか効果がなかったですが、ザガーロは頭頂部と前頭部(生え際)のどちらのタイプも脱毛抑制の効果に期待ができるのです。
したがって、従来の育毛剤よりもさらに改良された期待のAGA治療薬であることが分かります。

効果が出るまでの期間

AGA治療薬を服用し始めたのはよかったものの、なかなか発毛効果が現れないと嘆いている方もいるでしょう。
ザガーロを服用して発毛効果が現れるのは約3ヵ月~6ヵ月後といわれています。最短で3ヶ月、最長で6ヶ月の差があります。
人によっても個人差があるため、発毛効果を実感するためには根気強くザガーロを飲み続ける必要があります。

毛髪サイクルが乱れて髪の毛が細く短い状態で抜け落ちる髪を太く長く育てるためには、ザガーロを約3ヵ月~6ヵ月程は飲み続けなければなりません。
太くて強い髪の毛を生やすためにはそれぐらいの期間を要することをあらかじめ認識しておきましょう。
また、発毛効果が得られてもすぐに止めずにしばらくは服用を続けることが推奨されています。
毛髪サイクルが安定するまでには約6ヵ月~1年程は飲み続けた方が今後のためにも安心できます。

服用して発毛効果が出るまでの期間については他の育毛剤であるミノキシジルタブレットプロペシアも同様の期間が必要となります。

ザガーロの副作用

お腹を触る人形

勃起障害や性欲の減退
ザガーロの成分「デュタステリド」が男性ホルモンに作用することが勃起障害や性欲の減退を招いているとされています。
また、交感神経の活動が抑制されることで射精障害を起こすこともあります。
乳房の肥大
ザガーロの男性ホルモンを抑制する働きにより女性ホルモンが優位になり乳房の乳腺が一時的に発達し乳房が肥大することがあります。薬剤成分が肝臓でうまく分解されないことで起こるとされています。
精神障害
男性ホルモンの乱れにより一時的に気分が落ち込んでしまうことがあります。

このような副作用を起こす確率は低いですが、ザガーロの効果により男性ホルモンバランスが崩れてしまい上記のような副作用を起こしてしまうことがあります。

ザガーロの飲み方

薬剤を取る男性

1日1錠の用量をしっかり守る
現在ザガーロには0.1mgと0.5mgの2種類がありますが、成分の含有量に関係なく1日1錠の用量が定められています。発毛効果が早く得られるようにと服用量を多く摂るのは人体への悪影響を及ぼす可能性が高まりますので控えるようにしましょう。
服用間隔を24時間開ける
服用間隔を24時間開けるようにして体に負担をかけないようにしましょう。服用するタイミングは食前食後の決まりはありません。そのため自分が飲みやすいタイミングにすると覚えやすいでしょう。
水かぬるま湯と一緒に飲む
ザガーロを服用する際は水かぬるま湯と一緒に飲むようにしましょう。軟水のミネラルウォーターは体への吸収率が高まるのでオススメです。

ザガーロの注意点

抑止する医師

妊婦の接触は避ける
ザガーロの成分には胎児が生殖器に異常を持って産まれる恐れがあります。服用しなくても薬剤に触れるだけで皮膚から浸透して体内に入る恐れがあります。そのため妊婦の方はザガーロとの接触を避けるように注意しましょう。
未成年の服用はできない
ザガーロの服用は20歳以上からで未成年の方は安全性が確立されていないため服用は控えましょう。
服用中の献血は避ける
ザガーロの服用中や服用後しばらくは血清中薬物濃度が下がるのが遅く体に害を与える可能性があるため、最低でも6ヶ月以上は献血を控えるようにしましょう。
肝機能障害のある方
ザガーロの成分をうまく分解できずに肝臓を悪化させてしまう恐れがあるため、肝機能障害のある方は服用を控えるようにしましょう

併用注意薬

  • CYP3A4阻害薬
    酵素の一種になるCYP3A4は人体の異物を代謝するものですが、抗うつ薬や抗生物質に含まれるCYP3A4阻害薬とザガーロとの併用で主成分のデュタステリドが代謝されずに腎機能が悪化してしまう危険性があります。

CYP3A4阻害薬は以下のような薬に含まれているため注意が必要となります。

  • リトナビル(HIV治療薬)
  • ケトコナゾール(水虫・性病治療薬)
  • アプレピタント(抗がん薬)
  • シメチジン(胃薬)
  • エリスロマイシン(感染症薬)

このようにザガーロには併用を注意すべき薬があります。
ザガーロを服用する前には服用している薬にCYP3A4阻害薬が無いかをしっかり確認しましょう。自身で判断が難しい場合は医師へと相談しましょう。

ザガーロを買う

↑TOPページへ戻る